Shuto

shuto
美濃秀人ご挨拶

〈着物との出会い〉

子供心に母の着物姿は美しく、着物を見るとなぜか心が浮き立つ思いにかられていた様に思います。
そんな母の突然の入院を機に母の着物に触れることが増え、どんどんとその魅力にはまって行きました。
着物や帯の素晴らしさにもすっかり魅了されてしまい、残念ながらあまり着られなくなった母の着物や帯を何か活かす方法はないかと考えた時、2つの事が浮かんできました。
一つは斬新な柄の多かった着物や帯を見て、女性着物でも自分自身が着れないかと言う事でした。
その発想は見事に的中し、母の着物の中から何枚かを自分流にアレンジをして着ることができました。
そしてそのもう一つは、着物や帯地をメンズ物のジャケット、タキシード、シャツ、ジレなどにリメイクすると言う事でした。
母の西陣織の帯でジャケットを作り、大島紬でジレ、シャツを作り・・・
そして自分の中で次々とアイデアがわいてきました。
そんな中着物を着ることで、より美しい色、華やかな柄がメンズの着物にももっとあればいいのになと、
強く感じるようになりました。
この様な体験を通して自分の思いはどんどんと広がり、イメージしたモノをカタチにしていく中で
新しい着物の世界が広がって行き、このメンズの着物の世界をさらに多くの皆様に体現していただければ幸いと願っています。